基板用部品のコネクタを使えば修理も楽になります

電子機器の内部には電子回路を構成しているプリント基板があります。



プリント基板は1枚だけの場合もあれば、数枚のプリント基板が内部にあり、基板間接続を行うハーネスが設けられています。


ハーネスとは線材を複数束ねたもので、基板同士の信号のやり取りや電源の供給などで利用が行われるものです。



最近は、平行線と呼ぶ複数の線材が平行に繋がっているものを利用する事が多くあります。また、プリント基板に配線を行う時には基板用部品のコネクタを使い、プリント基板にはオス側のコネクタを実装し、ハーネス側はメス側のコネクタジャックを使う事で、基板間を外す時などは、基板用部品のコネクタを外すだけで、基板を分離する事が出来るようになります。

ハーネスは、従来線材1つずつを半田付けしていましたが、1本ずつ半田付けが行われているので、ハーネスの数が多い場合は、半田を取り外すだけで時間も必要になりますし、プリント基板を分離して修理を行った後は、同じ場所にハーネスを1本ずつ半田付けしなければなりません。



しかしながら、基板用部品でもあるコネクタを使えば、コネクタの抜き差しだけで基板を分離して、基板単位で修理や検査が出来るようになります。尚、基板用部品はプリント基板に実装して利用する電子部品の総称で、基板用部品の大半は自動実装が可能になっており、電源トランスや大型コネクタなどを除けば、すべての部品を専用の機械を利用して自動実装が可能になります。