プラスチックワッシャーの説明と、その利便性

工業系、建築系の人にはおなじみの座金(ざがね)英語でwasherであり現場でも「ワッシャー」と呼ばれる事もおおい金属部品です。

ボルトやナットとセットで用いられる事が多いため、それらのサイズに合わせた非常に小さいものから比較的大きなものまで数多くの種類が存在します。ワッシャーの役目は、ボルトとナットを硬くしめる際に間にかませる事で締め付け面により力が伝わりやすくなり、強く締め付ける事が出来ます。



また、ナットのゆるみ止めにも効果を発揮します。

また使用する場面により形状が特殊なワッシャも存在します。



今回紹介するプラスチックワッシャーは本来金属で作られる事の多かったワッシャーにプラスチックを用いる事で、ワッシャーとしての機能を果たしつつ、相手となる部材に比較的ダメージを与えない特徴があります。


またプラスチックは絶縁性が高いこともあって、現場によってはプラスチックワッシャーが必須となる所も数多く存在します。


絶縁ワッシャーとしては紙製のワッシャーも存在しますが、紙製に比べ耐圧強度が高いプラスチックワッシャーはより強い締め付けにも効果的に機能します。
一方ボイラーなどの高温が発生する現場での使用には、向かない傾向があるため注意が必要です。



耐熱樹脂を使用したものも存在しますが、こういった現場では一般的に金属性のワッシャーが適しているとされています。


コストも低く抑えられており、経済的で利便性の高さが特徴です。